Version 4 (modified by zhu, 11 years ago) (diff)

--

MISTのダウンロード方法

test

MISTを取得する方法には,大きく分けて2種類あります.

  1. 安定版を ダウンロード から取得する
  2. Subversionのリポジトリから,最新のスナップショットを取得する

特に,安定したバージョンを希望する方は 1. の方法でMISTのソースコード一式を入手してください. また,2. の方法でも 1. と同じものを取得できるので,可能な限り 2. の方法を利用することをお勧めします.

Subversion の使い方

主な使い方は Subversionの使い方 を読むか Subversionによるバージョン管理(日本語訳) を参考にしてください. ここでは,日頃必要になる機能についての説明を行います. WindowsやLinux専用のSubversionクライアントが多数存在しますので,自分の環境にあった(気に入った)ものをダウンロードして,インストールしておいてください. ここでは,コンソール版のSubversionクライアントをダウンロードしたものとして話を進めます.

はじめに

まず最初に行わなくてはならないのは,ソースコードのチェックアウトです. このチュートリアルを呼んでくれている方々は,MISTのソースを取ってくる(アップロードはしない)のが重要になると思うので,ダウンロードのみの機能を紹介します.

Subversionでのソースのチェックアウトはいたって簡単で,WEB上 でも閲覧できるようになっています. また,これまでの変更履歴を知りたい場合は,ホームページ上の左側のメニューにある Source code から見ることもできます.

チェックアウト

次のコマンドを実行することで,Subversionのリポジトリからチェックアウトを行うことができます.

svn co http://mist.suenaga.m.is.nagoya-u.ac.jp/svn/mist/trunk [保存先のフォルダ]

ここで,「保存先のフォルダ」はすでに存在するフォルダでもいいですし,存在しないものを指定してもOKです. 「保存先のフォルダ」が存在しない場合は,自動的に作成してくれます. これで,MISTのソースコードの取得は完了です. 実際に使う時には,「保存先のフォルダ」にパスを通して,ファイルのインクルードは

#include <mist/mist.h>

のように行います.(こうしておかないと,他のプロジェクトのヘッダファイルとバッティングする可能性があります)

更新

MISTのソースコードは,リポジトリ内で日々更新されています. そのため,各自がチェックアウトしたソースコードは,すでに古いものとなってしまい,最新のバグフィックスや機能を利用できない状態にあります. そこで,チェックアウトしたソースを最新のもの(もしくは特定のリビジョン)へ更新する処理を,次のようにして行う必要があります.

svn update [保存先のフォルダ]

この更新処理によって,MISTのソースコードが最新の状態に保たれます. ただし,この処理によってコンパイルが通らなくなる可能性もあります(MISTの最新ソースでは,バグフィックスとともに新機能の実装も行っているため). そういう時は,古いリビジョンに戻してやることで問題を回避できます(どのリビジョンに戻るかは,SubversionのログをWEB上で見て確認する必要があるかもしれません).

svn update -r [リビジョン番号] [保存先のフォルダ]

切り替え

MISTプロジェクトでは,何らかのタイミングで安定版のリリースを行います. そういう安定版のリリースには,「タグ」というものが付けられ,Subversionのリポジトリ上に反映されます. そのような,安定版に切り替えたい時は次のようにします.

svn switch [変更先のタグ] [保存先のフォルダ]

ここで,version 0.17 に変更する場合は次のように行います.

svn switch http://mist.suenaga.m.is.nagoya-u.ac.jp/svn/mist/tags/version0.17 [保存先のフォルダ]

最後に

これらの手順により,ほしいバージョンをすぐに入手することができるようになったと思います. それほど難しいことではないので,気軽に利用できると思います. これを機に,自分のソースコードもSubversionで管理してみると,いろんな恩恵が受けれていいかもしれませんね.