Last modified 7 years ago Last modified on 06/15/10 21:44:52

Download

You can download the files of MIST project through SVN. Anonymous Access is allowed. You can also download the snapshot from the link as listed below. Anonymous Access can provide you the latest sources. However, the use of the latest snapshot of the stable version is recommended. You can also download the snapshot of the stable version through SVN. (Please refer to Tutorial.) You can see the total number of downloads through this page.



The latest snapshot



The older snapshots



Update History

  • Version 1.3.5 - 2007/11/15
    • ガウシアンフィルタのカーネルを計算時に画素のアスペクト比を考慮するようにした.
    • 4×4以上の行列で行列式が0の場合に例外が発生するバグを修正.
    • LAPACK ライブラリで発生した例外を正しく処理し,適切に例外を発生させるようにした.
    • 行列演算の Expression Template 機能の廃止.
    • 行列積等の計算時に,効率的にキャッシュを利用するよう修正した(行列演算の高速化).
    • 行列のQR分解の結果としてQとRの行列を返すように変更した.
    • CSVファイルを読み込む際に,コンマ以外のデータ区切りへ対応した.
    • マルチクラス対応の AdaBoost? アルゴリズムを実装.
    • 導関数を必要としない関数最小化アルゴリズム(CONDORアルゴリズム)を実装.
    • 行列のコレスキー分解を追加.
    • DICOMファイルを書き出す際に,特定のタグを正しく出力できていないバグを修正.
    • 3次元画像中に直線を描画する関数を実装.
    • 領域拡張法の戻り値として塗りつぶした画素数を返すようにした.
    • 2乗距離値が1の部分でスケルトンが正しくもとまらないバグを修正.
    • 逆距離変換後の画像が符号無し整数の場合に正しく逆距離変換できないバグを修正(#18).
    • 異方性のMedianフィルタが適用できないバグを修正.
    • RGB <-> XYZ と RGB <-> Lab の色空間の変換関数を実装.
    • Bitmap の保存時に無駄な4バイトが挿入されるバグを修正(#17).
    • 統計処理関連のすべてのコードを statistics 名前空間へ移動.
    • 改行コードがCRLFのPNM画像の解析に失敗する場合がある問題を修正(#16).
    • 行列クラスに共役複素行列を求める関数を追加.
    • VC6でMath関数関連で無限ループが発生するバグを修正(#15).
  • Version 1.3.4 - 2006/12/05
    • A. Meijster のマンハッタン距離(シティーブロック距離),チェスボード距離の各距離変換を実装した.
    • ユークリッド2乗距離を用いたボロノイ分割.
    • 細線化の関数名を「thinning + 近傍の型」に変更.
    • 齋藤先生のユークリッド2乗逆距離変換を実装.
    • CSV形式の入出力関数を実装(GZ圧縮に対応).
    • ボリュームレンダリングで指定するカメラの位置と姿勢の座標系を画像座標系に統一.
    • スレッドのロック機構にダブルロッキングシステムを採用.
    • 4×4の逆行列をLAPACK無しで計算するように変更.
    • 固有値・固有ベクトルの計算で,固有値がソートされないことがある問題を修正.
    • 64ビット環境において,一部のDICOMファイルが読み込めない問題を修正.
    • アクティブ探索(ヒストグラム特徴を利用した画像パターンの高速探索)の追加.
    • 領域拡張法などの構造要素を指定する単位を,全て画素に統一.
    • matrix クラスでは width や height は使用不可とした(#13).
    • ガウシアンフィルタ等のフィルタをメモリを必要としないように修正.
  • Version 1.3.3 - 2006/07/26
    • implemented '->' operator(#9).
    • mist で利用している iterator に -> 演算子を実装(#9).
    • fixed incorrect comparisons and substitutions between iterator and const_iterator.
    • iterator と const_iterator 間で比較や代入が行えない問題を修正.
    • fixed bug when multivariate normal random creation class is multiply included.
    • 多変量正規乱数の生成クラスを多重インクルードした場合にリンクエラーが発生する問題を修正.
    • added filling-in processing using labels.
    • ラベリングを利用した穴埋め処理を追加.
    • fixed bug that initializing a 4-by-4 matrix.
    • 4×4行列に初期化する関数が間違っていた問題を修正.
    • added the algorithm that redividing a regular icosahedron and finding its apexes on a sphere.
    • 正20面体を再分割して球面上の頂点を求めるアルゴリズムを追加.
    • modified that the number of loops should be equal to the number of pixel
    • 領域拡張において,ループ回数が注目画素となった画素数に等しくなるように変更.
    • fixed bug enclosing an atomic interval in a minimizing function.
    • 最小化関数において,特定の条件で極小区間の囲い込みに失敗する問題を修正.
    • fixed bug that some interpolate fuctions return true or false incorrectly.
    • 一部のinterpolate関数で戻り値のtrueとfalseが逆になっていたのを修正.
    • fixed bug being unable to real some TIFF images.
    • 一部のTIFF画像を正しく読めない問題を修正.
    • modified outputs of DICOM files based on the DICOM standard.
    • DICOMファイルを出力する際に,DICOMの規格に準拠するように修正を加えるように変更.
    • modified documents.
    • ドキュメントの修正.
    • fixed other bugs.
    • その他バグフィックス.
  • Version 1.3.2 - 2006/04/08
    • added DP matching algorithm that determining correspondences between two one-dimensional data series.
    • 2つの一次元データ系列同士を対応付けるDPマッチングの追加.
    • fixed bug being unable to obtain Max and Min values of data types in 64-bit environments.
    • 64ビット環境で型の最大と最小が正しく取得できないバグを修正.
    • fixed bug being unable to compile the program on shrink skelton(#4).
    • 収縮スケルトンのプログラムがコンパイルできない問題を修正(#4).
    • added algorithm searching rapidly the section including an arbitrary value from an arbitrary section.
    • 任意の区間から,任意の値を含む区間を高速に探索するアルゴリズムを追加.
    • added algorithm calculating rapidly the total sum of pixel values within an arbitrary rectangle region.
    • 任意の矩形領域内の画素値の総和を高速に計算するアルゴリズムを追加.
    • added Marching Cubes algorithm creating contour lines from volume data.
    • ボリュームデータから等値面を生成する Marcing Cubes アルゴリズムを追加.
    • fixed bug about spline interpolations in certain data types.
    • 特定のデータ型でスプライン補間が正しく動作しないバグを修正.
    • fixed bug about comparison operators on vector2, vector3, quaternion and streo(#5, #6).
    • vector2,vector3,quaternion,stereo のデータ方において,比較演算子が正しく動作しないバグを修正(#5#6).
    • modifed documents(#7).
    • 関数のドキュメントが間違っていたバグを修正(#7).
    • fixed bug being unable to interpolate negative values into images in float, double or long double type(#8).
    • float,double,long double の画像の内挿を行う際に負の値が正しく内挿できなかった問題を修正(#8).
  • Version 1.3.1 - 2006/01/18
    • fixed bug about spline interpolation(#3).
    • スプライン補間が正しく動作しないバグ(チケット#3)を修正.
    • fixed bug on a rotation axis with a sample volume rendering program.
    • ボリュームレンダリングのテストプログラムで画像の回転軸がずれる問題の修正.
    • fixed bug images are converted to graysclae via color images on reading BMP images.
    • ビットマップ画像を読み込む際に,一度カラー画素へ変換してからグレースケールへ変換される問題を修正.
    • 64-bit capable.
    • 64ビット環境への対応
    • Visual Studio 2005-compatible.
    • Visual Studio 2005 への対応
  • Version 1.3.0 - 2005/11/23
    • Public release.
    • 外部公開向けの最初のバージョン.
    • fixed bug that other viewers cannot read output DICOM files.
    • 出力したDICOMファイルが他のビューアで読み込めない問題を修正.
    • fixed other bugs.
    • その他バグフィックス.

more



Prebuilt LAPACK library

Compiler Date File
Visual C++ 2004/07/20 Lapack-VC.zip
Visual C++ 2005 2006/12/06 Lapack-VC2005.zip
GCC LINUX 2004/07/20 Lapack-gcc-LINUX.tar.bz2

Plese refer to How to build LAPACK.



Prebuilt JPEG, PNG, TIFF, ZLIB library

Compiler Date File
Visual C++ 2005/06/12 Image-VC.tar.bz2
Visual C++ 2005 2006/12/06 Image-VC2005.zip
Visual C++ 2008 2008/08/29 Image-VC2008.zip
Visual C++ 2008 SP1 2009/07/24 Image-VC2008SP1.zip
Visual C++ 2008 SP1 2010/05/10 Image-VC2008SP1v2.zip
Visual C++ 2010 2010/05/10 Image-VC2010.zip

Please read license agreements before use.



Download the files through SVN repository

If you want to see the SVN repository, click here.

If you want to view the repository directly, click here.

You can access to the repository through SVN, you can download the files from

http://mist.suenaga.m.is.nagoya-u.ac.jp/svn/mist/trunk